Loading...

2012年7月12日木曜日

2012-2013シーズンGPM#1 summer cross

今回は、なんと前日に時間が空いたのでGPM会場の吉見運動公園に行き、コース設営に参加しました。
右奥の林の向こうでスタート左奥に向かって行きます。その後、林の向こうに戻り林の手前を右から左へ入り曲がって曲がってシケイン超えて左奥の林へ向かう。

右から奥に見える畑の向こうを回って畑の手前を右へ横切ります。

畑の手前左から1本立ちの木を回り込み当日は泥沼となったジグザグ登り返しをこちらに向かってきます。

写真右端からアスファルトに上がりバンが写っている当りから草地に入りスタートに戻りました。
写真は前日のもので、この時点では刈りたての草が絡むだけでしたが、このあとも降り続けた雨によって、翌日緩んだコースは一部、乗車すると不利になる状況になりました。

自分の参加したマスタークラスは10:50からのスタート。徐々に太陽が顔を出し始め、曇りから晴れ間に変わるタイミングで、レース中に気温は上昇。そしてコースの泥の硬さが変化し、轍が固まり始めて重くなってまとわりつき方が変化してきました。 今回自転車を壊している人は見かけませんでしたが、自分も含めてプーリーケージには泥草がビッチリ押し込まれてました。

今回初開催のサマークロス、もしもかんかん照りだったら危険かもしれない。久しぶりに
体調万全で臨み、しっかり追い込んだ走りが出来たけど(以前程のパフォーマンスは無いけど)。季節がいい分みんなかなり追い込んでいるのが分かった。それが証拠にゴール後立ってられず横たわる人が多かったらしい。MTBと違い標高が低い会場で日陰の無い炎天下、その条件下で半無酸素運動を心拍上限まであげて40分(今回5分短縮)はヤバいかもしれない。まあみんなきちっとレース前にハイドレーションして、今回はレース中の補給が認められていたので問題なかったけど、やるなら林間コースにした方が安全かも。

まあ楽しんで、レース後は急いで帰宅して通常通りに診察にも間に合ったので、仕事に穴をあけずに済み、大満足の1日でした。

それと今回ヘルメットを忘れてしまい、急遽サイクルファクトリーアライさんに貸していただき大会参加出来ました。この場をお借りしてお礼を言わせていただきます。ありがとうございました。