Loading...

2016年1月12日火曜日

Continental CYCLO X KING 32C

昨年末から使ってみた感想

クリンチャーを選ぶ理由は、基本的に練習からレース本番まで使いたいから。
練習出先でチューブラーがパンクすると時間までに帰宅出来なくなるので困りますからね。
さて情報ですが、
エアボリュームは少なめです。幅は両サイドのノブとノブ間で32mm。サイドウォール間では30mm。

ノブは割と高め、コーナーでの接地感はアスファルトでは低いのでオーバーステア傾向だけれど、土、草、砂利、砂では圧を気持ち高めの設定でもグリップ良好。そして、ノブ高のせいかクッション性は思った以上に良好。

自分は、体重60Kg位で1.9気圧位が丁度良い。(TUFOのチューブラーは1.5気圧で使います)

特筆する点は、転がりがとても軽い。この抵抗感の無さは驚く程です。

後輪にも使ってみましたが、アスファルトではすぐにノブが飛んでしまいそうなのでフロント専用にしました。

先月の湘南クロス第3戦、開成水辺でも使ってみましたが、なかなか良かったですよ。
泥離れも良いですが、まだ本格的泥沼は走ってないので判りません。

0 件のコメント: