Loading...

2012年6月18日月曜日

j2 木島平 xco

今年初参戦のMTBクロスカントリー。取りあえず1回ぐらいは走っとかないとこのままフェードアウトしそうなので出場。
今回は、モチベーション低すぎ、、、普段の練習も控え気味。一応週にトータル1〜3時間は外で自転車乗ってますが、これって2010年頃の約1/2〜1/3以下。

これからはもっと乗りたい!と言いたいところですが、なかなかねー、、、いろいろ有ってあまり出て歩けない感じ。年々心拍は上がらなくなるし、、、仕事との兼ね合いの悪さが1番かな。レースは日曜しか開催しないからね〜。

シリーズ戦を追って年に何回も仕事休むのは精神的にあまり良く無い。
と言う事で参加回数の削減は必須、つまり昇格は考えないで行こうと思います。

純粋に楽しむのみ。自転車パーツの交換による走りの違いを感じるとか、タイヤ選び、ギア構成、走り方(ケイデンス、ギア選択、体の使い方など)を変えて楽しむ。

練習方法は見直さないと良く無いかな。

さて、今年の木島平大会ですが朝7時頃まで大雨。前日の夜10時頃に家を出れたので、会場から約9キロ程の道の駅で車中泊。あさ6時に目覚ましと雨音で目覚めその後会場入り。その頃にはだいぶ雨脚は弱まっていましたが7時半のコースはぬかるみ状態。

その後、晴れたコースはスポーツクラス> エキスパートクラス> エリートクラスと時間が経つにつれてみるみる回復、ほぼドライコースとなったのでした。
しかも暑い!28℃だったらしいです。

話は変わって、ここ2〜3年、中高生が台頭してきました。自分の息子世代です。あの頃は疲れるなんて感じなかった様な気がする年代。もっと人数が居ればいいのですが、競技人口が少なすぎます。競う相手が居ないと伸びる者も伸びない。それは彼らにとって不幸な事。今日もエキパ優勝はpro ride所属の中学生、あまりにだんトツでゴールしたので、相手不在になっちゃうんじゃないか心配です。

競技人口増やすための施策の一つとして、あまり山奥に行かずに遠出せずに参加出来る大会。観客が居て、楽しそうだな、参加してみようかなと思わせる大会運営を期待します。




0 件のコメント: